preloader

ジャッキーアクション集大成。今、空前のミッションが動き出す。

メインビジュアル

全世界大ヒット超大作

劇場情報

映画『プロジェクトV』

PLAY

監督:スタンリー・トン「ポリス・ストーリー3」「レッド・ブロンクス」出演:ジャッキー・チェン、ヤン・ヤン、アレン、ムチミヤ、シュ・ルオハン、ジュー・ジャンティン、ジャクソン・ルー

ジャッキーアクション集大成。今、空前のミッションが動き出す。

全世界大ヒット超大作

ビリング
劇場情報ジャッキーベストムービー あなたの好きなジャッキー作品を選んで投票しよう!写真で一言キャンペーン
  • メイジャー
  • ムビチケ
ジャッキーベストムービー あなたの好きなジャッキー作品を選んで投票しよう! 写真で一言キャンペーン

MOVIE

MOVIE

play pv

本予告

play pv

特報

INTRODUCTION
目撃せよ!ジャッキー集大成映画が、全世界を席巻!

 オールタイムアクションレジェンド、ジャッキー・チェン×『ポリス・ストーリー3』『レッド・ブロンクス』のスタンリー・トン監督が贈るアクション超大作『プロジェクトV』。新世代の俳優ヤン・ヤン、アレン、ムチミヤ、シュ・ルオハン、ジュー・ジャンティンとともにこのスーパーアクション超大作を撮影するため、二人はロンドン、アフリカ、中東、ドバイなど世界中を駆け巡った。そして映画は手に汗握る、スリリングでアドレナリン溢れる超大作となった。

 本作はスタンリー・トン監督と俳優ジャッキー・チェンの9作目のコラボレーション作品となる。1990年代初頭の『ポリス・ストーリー』シリーズを皮切りに、『レッド・ブロンクス』(1995)、『THE MYTH/神話』(2005)、『ライジング・ドラゴン』(2012)、『カンフー・ヨガ』(2017)など、二人はアクションの傑作を次々と生み出し、野心的な作品を観客の心に刻みつけてきた。彼らの最新作となる本作『プロジェクトV』は、依頼人を命がけで救出するという危険なミッションに焦点を当てている。

トン・ウンテン(ジャッキー・チェン)率いる“ヴァンガード”は、チームメンバーにロイ・ジャンユー(ヤン・ヤン)、チョン・ホイシュン(アレン)、ミヤ(ムチミヤ)、コンドル(ジュー・ジャンティン)らを擁する国際的な特殊護衛部隊。ロンドンで誘拐された依頼人を救出した後、アフリカでは激流の川で戦い、中東では厳重に警備された砦に侵入、ドバイでは激しいカーチェイスを繰り広げ、やがてヴァンガードは巨大な陰謀の存在に気付く。

 コロナ禍で世界の映画業界が打撃を受ける中、アメリカ、ロシア、中国などでは1000を超えるスクリーンが用意された。さらにイギリス、インド、韓国、シンガポール、マレーシア、アラブ首長国連邦など異例の全世界規模での拡大公開が実現。各国でオープニング興行収入第1位を記録し、現在2020年公開作品世界第13位(Box Office Mojo 12/31調べ)、全世界TOP15入りは『ベスト・キッド』以来10年ぶりの快挙となる。撮影時65歳(今年4月で67歳)のジャッキーが披露するレジェンド級アクションは本作でも如何なく発揮され、急流で45秒姿を消し危うく溺死しかけた水上バイクシーンをはじめ、世界があっと驚くシーンが満載。本作はアクションにおいて常に新たな挑戦を続けるジャッキーの、集大成的作品となった。

STORY

 トン・ウンテン(ジャッキー・チェン)によって設立された“ヴァンガード”は、世界中のクライアントにセキュリティサービスを提供する民間の国際特殊護衛部隊。旧正月を迎えたロンドンのチャイナタウンで、“ヴァンガード”のクライアントである実業家チョン・クォックラップ(ジャクソン・ルー)が誘拐される。チョンを救出するため、トンはヴァンガードのメンバーであるロイ・ジャンユー(ヤン・ヤン)、チョン・ホイシュン(アレン)、ミヤ(ムチミヤ)を派遣する。一方チョンは、ビジネスパートナーのマシムが実は中東の過激派の首領であることに気付き、ロンドン警察に通報していた。マシムが米軍の攻撃によって殺されると、マシムの息子のオマルはチョンを捕らえるよう命じる。チョンはマシムの莫大な財産の在り処を知っていたのだ。
 ヴァンガードに救出されたチョンは、疎遠になっている自分の娘で野生動物保護活動家のファリダ(シュ・ルオハン)も守ってほしいと懇願する。ヴァンガードはより大きなチームを組んでアフリカへ飛ぶことになる―。

STAFF
スタンリー・トン
スタンリー・トン

 香港出身のスタンリー・トンは、監督、プロデューサー、アクション監督として高い評価を得ている。1979年に格闘家として映画のキャリアをスタートさせ、1991年に自主制作映画『The Stone Age Warriors(魔域飛龍)』で初めて監督を経験。この作品が好評を博した後、ゴールデン・ハーベストの社内監督となり、ジャッキー・チェン主演の『ポリス・ストーリー3』(1992)を監督。この作品でトンは香港電影金像奨と台北金馬奨でアクション指導賞にノミネートされる。その後、再びジャッキーと組んだ『レッド・ブロンクス』(1995)がアメリカでの中国語映画の興行収入記録を塗り替えた。バンクーバーで撮影されたこの作品で、トンは香港電影金像奨で最優秀アクション指導賞を受賞、金馬奨ではアクション指導賞にノミネートされている。またこの作品はジャッキーの国際的な地位を確立するのにも貢献した。
 1996年にはハリウッドに進出し、『Mr.マグー』(1997)を監督。2つの大陸をまたぐキャリアの中で、彼は映画界で最も人気のあるアクション映画監督の一人として批評家からも評価され、商業的な成功を収めている。

主な監督作品

『カンフー・ヨガ』 (2017)

『THE MYTH/神話』 (2005)
第28回金鶏百花映画賞・最優秀監督賞ノミネート
第25回香港電影金像奨・最優秀アクション指導賞ノミネート
第25回香港電影金像奨・最優秀作品賞ノミネート

『SPY_N 』 (2000)
第20回香港電影金像奨・最優秀アクション指導賞ノミネート

『ファイナル・プロジェクト』 (1996)
第16回香港電影金像奨・最優秀アクション指導賞受賞
第33回金馬賞・最優秀アクション指導賞受賞

『レッド・ブロンクス』 (1995)
第15回香港電影金像奨・最優秀アクション指導賞受賞
第32回金馬賞・最優秀アクション指導賞ノミネート

PRODUCTION NOTE
 2019年、スタンリー・トン監督は映画生活40周年という節目を迎えた。ジャッキー・チェンと同じくスタントマンとしてキャリアをスタートし、俳優、監督、アクション監督として活躍してきた。トンはジャッキーの人柄だけでなく、彼が好むストーリーやアクションのスタイルも熟知している。二人はお互いの文章を完成させることができるほど以心伝心だと、ジャッキーは語る。この信頼関係の上で、彼らは次々と名作を生み出してきたのだ。
グローバルな映画の作り手
命知らずのスタント
色々な技術
若手の活躍